120000K

旅する料理人シェフ吉田友則
気がつけば

出張料理に必須なのが「移動する。」という行為。

飛行機や新幹線、フェリーなどよく使うが一番多いのはやはり「車」

仕事用に買った車。最初の頃はクロスカントリー4駆の自家用車でいっていた。

ただお客様の自宅に余り大きな車で乗り付けるのも如何なものかと。

荷物も積めて人も乗れて、雪道OKな小さな都合のいい車を選んだ。

最初は見慣れないのか周りに「エー」と笑われたが、こいつが本当によく積んでよく走ってくれている。先日の真夜中、燃料を入れてふとメーターを見ると、120000キロを超えていた。この12万キロという数字がどんな意味を持つのか僕自身しかわからないかもしれないが10年の内の7年12万キロの間に何軒のお客様を訪ねたのだろうと、感慨深い思いでした。 大事な「きまぐれや」のスタッフです。これからも宜しく。