CCHSファミリー会の子供たちと ~世田谷で創作イタリアン~

シェフ吉田友則 ライフワーク

CCHSファミリー会とは、[先天性中枢性低換気症候群]という難病を持つ子どもたちのための組織です。

先天性中枢性低換気症候群の子どもだけでなく、広く在宅医療を行う家族や、全ての子どもを対象に、

活動をしています。

http://www.normanet.ne.jp/~cchs/index.html

 

と出だしからファミリー会の説明から入りましたが、難しいことは説明出来ないですが

とにかくみんな生まれた時から想像もつかないほどの修羅場をくぐりぬけて来たことだけは確かです。 僕の大切な友人の長女がその病気で、その友人がファミリー会を立ち上げました。そんな彼から「シェフ。ファミリー会の子供達と畑まわって採った野菜でランチつくるのはどう?」なんてオファーが。それって「創作」というより「捜索イタリアン!」じゃない。と思いながらも「是非とも」と返事をしていました。

捜索!イタリアンいよいよスタート!

 

当日は天気にもめぐまれ上々のスタート。何故世田谷かというと「こども病院」が成城にあるからだ。世田谷成城も一本道はずれれば川が流れ畑が沢山ある長閑な景色だ。緊急の為に看護師さんも同行の中畑をまわる。みんな楽しそうにそして真剣に野菜を採る。

頭の中ではランチの妄想風船が膨らむ一方だ。何よりみんなと話しながら野菜を収穫する、これが「楽しい!」のだ。みんなと今日だけの今日の為のメニューが出来上がっていく。一日ががかりのライブエンターテイメント。すっかり彼等が抱えている状況を忘れてしまうほど。