難しいことはわかんないけど

出張料理人 吉田友則

青果売り場で季節はずれの彼女に出会った。「柿」だ イスラエル産で向こうでは初春の果物で「シャロンフルーツ」というらしい。 食べてみる、 実に普通に柿らしく柿であり旨いのだ。

 

ふと目をやるとパレスチナ産オリーブオイルが。何かと揉め事の絶えない両国だが同じ大地で採れる恵み。お皿の上で和平会談してみた。イスラエルの柿にパレスチナのオリーブオイル

そこに イタリアのバルサミコ酢 実に旨い! こんな風にいかないかなぁ。

仲良く食べて欲しいなと思う夜でした。